Blog

相続

  • 親から相続を受けた別荘について

    相続

    築30年の別荘を親から相続を受けた子供さんが相談に見えました。
    所有してセカンドライフを楽しむのがよいか、それとも売却して換金した方が得かアドバイスが欲しいという。

    いま、全国各地に空き家が急激に増えています。
    別荘ならなおさら買い手は少なくなるのが目に見えています。
    特別人気がある首都圏の別荘地でも、早く処分する方が得策でしょう。

    年に数度しか利用しない別荘ならホテルを利用された方が安く済みます。
    別荘を所有されると固定資産税や町民税、さらに修繕費もかかる。

    賃貸に出して借り手が付くなら投資物件としても面白いが、築30年の木造建物では修繕費がかかり保有コストはマイナスになりかねません。
    法人を所有されているならそちらに貸して、本業のプラス利益を圧縮する手もあります。

    別荘は所得に余裕のある人以外は負の財産になります。
    所得がある人は節税に利用できます。